読み物

データの可視化が日本全体にもたらす価値とは

講習を主宰しているより、データビジュアライゼーション講習にかける想いです。ご一読いただけましたら幸いです。 誰に対して、何をしたいのか? 情報が得られなかったことで、困る人を誰一人なくしたい。そのためにはデータを活用できる素養を、一人ひとりが育んでほしいと考えています。仕事で使うExcelは...

ディメンションとメジャー

企業内に存在するデータを収集・蓄積・分析することで、経営の意思決定に役立てるツールを、BI(ビジネス・インテリジェンス)ツールといい、有名な製品では、Tableau、Treasure Data、Qlikなどがありますが、それらをご利用の方はディメンションとメジャーはなじみ深いかと思います。 ...

データの可視化にある、二つの側面

データの可視化には、二つの側面があることがなかなか整理されていないため混乱があると思います。一つは「データの分析自体がデータ可視化である」側面、もう一つは「データを使ったプレゼンテーション」である側面です。 前者、データ分析の結果を視覚的に得ている以上、データ分析の出口は可視化が掴んでいると...

データ可視化にとって最適なカラースペースは?

データ可視化にとって最適なカラースペースは?
データ可視化において、色はデータの性質を過不足なく表現するために利用されるべきでしょう。そのための考え方の入り口をご紹介します。 カラースペースとは? 事務のお仕事でWordを使っている人や、デザインのお仕事でPhotoshopを使っている人は、色を指定する際に、RGBやCMYKという文字をみ...

データビジュアライゼーションを学ぶ意義

オープンデータ、ビッグデータというキーワードがここ数年普及してきており、活用する機運が高まっています。本格的なデータ分析までは必要ないもののデータを活用したい、という需要があるが、何をどう学んだらいいかわからない、という声をよく聞きます。 これに答えるものとして、統計学を学ぶことが必須とされ...